【ポケカ】レッドパーフェクション回し方・採用カード解説 優勝デッキ付き【いちげき/れんげきマスター環境】

デッキ解説

優勝デッキ

レッドパーフェクションって?=速度と柔軟な立ち回りが自慢のデッキ!

ミュウツー&ミュウの特性「パーフェクション」によってベンチ・トラッシュのGXポケモンの技をコピーしてその場に応じた技を使って攻めていくことを得意とするデッキ。

溶接工のエネルギー加速力を主軸とした炎タイプ中心のデッキタイプのため「レッド」パーフェクションと呼ばれています。

オーロラエネルギーを絡めることによって色々なタイプのGXポケモンを採用できる上に

何らかの色のエネルギー一つ+無職エネ2個で技を打てるポケモンを投入することによって弱点をつくことも得意としています。

(現環境で活躍中のやつと組み合わせる構築も流行ってるらしい)

回し方

①後攻1ターン目にGXポケモンをトラッシュに集めつつ、溶接工集め

まず序盤はプレシャスボールでGXポケモンを手札に集めつつデデンネGXや巨大なカマドでトラッシュに送りましょう。

後攻1ターン目から180打点を叩き出したいならラフレシアGX、エネルギーブーストをしたいならブースターGXを送るなど、状況に合わせたポケモンを優先的に集めてトラッシュしましょう。

また後攻1ターンから攻撃するために溶接工は必須です。

ポケギアやデデンネGXによってデッキを回しまくり、溶接工を死ぬ気で手札に加えましょう。

②溶接工でアタッカー育成→後攻1ターン目から攻撃!

コピー先のGXポケモンがトラッシュに集まったら、溶接工でミュウツー&ミュウに溶接工でエネルギーをつけて後攻1ターン目から攻撃していきましょう。

このデッキを使う時、こういうことを気をつけたい!

環境デッキごとにどのポケモンで攻めていくかを意識しながらデッキ構築・プレイングを磨こう

レッドパーフェクションは特性「パーフェクション」のコピー能力と、溶接工によるエネルギー加速能力から様々な技やアタッカーを用いて戦うことができます。

相手によって最適なアタッカーを揃えることが勝利の鍵です。

例えば三神ザシアン対面であれば後攻1ターンからラフレシアGXの「だいかいか」をコピーして打点を与えることによって相手に「オルタージェネシスGX」を打つことは許しても後攻2ターン目に三神を撃墜して「アルティメットレイ」を打たせることを許さないという牽制ができますし

アーマーガアVMAXにはレシリザ、マルヤクデにはミロカロス、ウーラオスにはミュウツー&ミュウという風に弱点をつけるポケモンをアタッカーを優先的に育成していきましょう。

気になる採用カード

コピー先GX達:「リザードンGX」「ブースターGX」「アーゴヨンGX」

瞬間火力担当。リザードンGXの「フレアドライブGX」は炎エネルギー4つで300点叩き出すことができます。

VMAXポケモンに対しては心もとない火力ですが、TAGTEAMポケモンに対しては一撃で仕留めることができるので対面によっては重宝します。

ブースターGXのヒートステージは相手に30点乗せながらエネルギーブーストができ、バトルポケモンだけでなくベンチポケモンを育てて後続を用意することができます。

アーゴヨンGXのベノムシュートはベンチポケモンに170点載せることができ、「ボスの指令」を必要とせずとも相手ベンチポケモンを狩って試合を有利に進めることができます。

青天井火力担当:ヒードランGX

ヒードランGXを除いて、このデッキの最大瞬間火力はリザードンGXのフレアドライブGXをコピーした300打点です。

現環境で活躍するVMAXポケモンを一撃で仕留める場合300点というのは絶妙に足りません。

対してヒードランGXのんヒートボンバーGXは自分についている炎エネルギーの数×50点を叩き出すことができます。

溶接工やブースターGXのヒートステージを駆使することによってゲーム終盤になれば炎エネルギーは7枚以上集まってきます。

ヒードランGXはベンチからバトル場に出ると、特性「バーニングロード」によって場にあるエネルギーを全てこのポケモンに集めることができます。

そうしてヒートボンバーGX→350点以上叩き出してVMAXポケモンをワンパンという芸当が可能になります。

VMAXポケモンを1ターンで倒せるというのは非常にありがたく、VMAXポケモンを二体倒せばゲームに勝つことができますので是非とも駆使したい一枚です。

ミラー後出しジャンケン&ドラパルトVMAXメタ:ジラーチGX

ジラーチGXはその特性「サイキックゾーン」によってミュウツー&ミュウの超弱点を消すことができます。

パーフェクションデッキ同士で戦う試合では、ミュウツー&ミュウを後出しした方が相手のミュウツー&ミュウを弱点込みで一撃で倒してサイドを先行することができ

倒された側はアタッカーを育てなおす羽目になるため非常に不利を取ってしまいます。

ジラーチGXは弱点そのものをなくすため、後出しジャンケンゲーをなくすことができます。

また現環境で大活躍中のドラパルトVMAXにもミュウツー&ミュウは弱点を憑かれてしまいます。

その場合、ミュウツー&ミュウを出さずにレシリザをアタッカーとすれば解決することが多いのですが、

ミュウツー&ミュウが止むを得ずスタートポケモンとなってしまった場合相手にサイドを3枚プレゼントすることになります。

そういった場合のケアにもジラーチGXは有効です。

こんな構築もある!

レッドパーフェクション×れんげきウーラオス=圧倒的相性補完!

最近ではレッドパーフェクションにれんげきウーラオスを投入するという構築も見られます。

「どんなとんでも構築やねん」と思う方もいるかもしれませんが想像以上にシナジーが噛んでいるペアです。

①レッドパーフェクションが苦手とするムゲンダイナにれんげきウーラオスで戦える

②ミュウツー&ミュウが200以上の打点を相手VMAXポケモンに撒くことで「キョダイレンゲキ」の圏内に入れることができる

③溶接工で一枚炎エネ貼り+れんげきエネルギー手張りで「キョダイレンゲき」を打てる

など相性補完ができている上に、溶接工とれんげきエネルギーの相性も非常に良いです。

これによってそれこそ「全方位」に強いデッキになりつつある注目のデッキです。

レッドパーフェクションは環境に合わせてカスタマイズできる研究のしがいのあるデッキ!

いかがだったでしょうか?

レッドパーフェクションは環境に合わせて色々なカスタマイズができるデッキです。

今後もれんげきウーラオス×レッドパーフェクションのような革新的なデッキも登場していくことでしょう。

皆さんも自分なりに研究してみてください♬。

コメント

タイトルとURLをコピーしました