【Reバース】「新時代のアイドル」RRRアタッカー6種評価・優勝デッキでの採用数・一緒に使われるカード紹介

ニュース

はじめに 優勝デッキでの採用分布

「新時代のアイドル はあちゃま」8p

「新時代のアイドル マリン」6p

「新時代のアイドル ぺこら」5p

「新時代のアイドル ころね」5p

「新時代のアイドル フブキ」2p

「新時代のアイドル ココ」2p

となりました。

これらのカードは本領発揮やReバースコンボでの指定カードがないために専用の構築が必要なく、自由な構築ができるカード群です。

今回はそれらのカードがどのような構築に組み込まれたか、それぞれどのような強み・弱みがあるのかを紹介します。

新時代のアイドル はあちゃま

強み①:相手を一掃しつつ自分の場も一掃できる→相手のテンポロス・次の自分のターンでスパーク祭り

まず二つめの能力についてみてみましょう。

アタックするたびに自分のメンバーを控え室に置くことで相手のメンバーをエネルギー送りにできます。

これによって両者の場をガラ空きにし、相手は次のターンにパートナーカードを犠牲にしなくては展開が難しくなり、

次の自分のターンではメンバーががら空きとなるので3回はエントリーインをする権利を獲得できます。

除去スパークを多くデッキに入れれば次のターンも相手をテンポロスさせられますし、回復Reバースを多く入れれば回復ができる可能性が高くなります。

強み②:返しのターンで倒されにくい耐久

一つめの効果も無駄がありません。二つめの効果で自分のメンバーがいなくなると、DEFが12になりパートナーアタックをされなくなります。

DEF12という数字が非常に高く、少なくともワンパンすることは難しいです。

ツーパンチで倒された後も除去スパークをめくればダメージを1点に抑えることができます。

弱み:相手がReバースをスパークしやすくなる

メンバーがガラ空きになることによってスパーク祭りになるのは相手も同じことです。

【アズールレーン】のようなスパークが少なめでコストが高めのデッキにはガン刺さりしますが、【除去ホロライブ】ミラーなどスパークが多いデッキに対して二つめの効果を使うと、

相手はエネルギーが増えた状態でスパークをめくり放題となり、特に回復Reバースを引かれると台パンものです。

一緒に採用されているカード

除去スパーク 4p

上述下通り、「新時代のアイドル はあちゃま」は自分の場をガラ空きとするためエントリーイン回数が増え、スパーク祭りを引き起こすことができます。そのため除去スパークは非常に相性が良いでしょう。

「新時代のアイドル はあちゃま」でメンバー一掃→返しのターンで相手がメンバーを苦労して展開→帰ってきた自分のターンで除去スパークを引きまくって相手のメンバーを再び一掃とするとテンポロスを何度も発生させることができます。

新時代のアイドル マリン

強み①:クッソゆるい条件で相手の場に干渉し、中高火力を叩き出せる

エネルギーの枚数を参照して、それを満たした効果を全て発動できるという効果を持っています。

3枚以上であれば相手のメンバーを1枚控え室に、5枚以上であればATKが6に、7枚以上であればエネルギーから好きなカードを手札に戻すことができます。

エネルギーが3枚以上というのは中盤で、エネルギーが5枚以上という条件は終盤であれば簡単に満たすことができます。

エネルギーを増やすスパークを一緒に採用すれば簡単にクリアできる条件でしょう。

強み②:耐久が高い

耐久9というのは非常に偉く、基本的に相手にツーパンチを要求します。

ATK6という中高火力ながら耐久も高いという非常に自己完結力が高いカードとなっています。

相手のメンバーを除去する効果を合間って相手はメンバー展開のためにエネルギーを、除去スパークなども絡めて相手の場が2枚以上空いていればパートナーカードを消費しなくてはメンバーを展開できなくなります。

こうなるとパートナーアタックをされにくくなる、あるいは相手がパートナーカードをメンバー展開に使用せずにツーパンチ以下で攻めなくてはならないという状況を相手に迫ることができ、結果的にダメージレースで有利に立つことができます。

一緒に採用されているカード

「新時代のアイドル ロボ子さん」 2p

「#ノエフレ ノエル」 2p

まず「新時代のアイドル ロボ子さん」について。これは非常に相性が良いです。

先述した通り、「新時代のアイドル マリン」は容易に相手のメンバーを除去することができ、相手はメンバー補填のためにパートナーカードを消費してメンバーを展開、あるいはパートナーカードを使用せず小規模の展開で抑えるという択を迫られます。

相手が前者を選択した場合、相手はツーパンチで「新時代のアイドル マリン」を倒すことになります。

そこでツーパンチ目で「新時代のアイドル ロボ子さん」を使用するとDEFを回復し、3パン目でも倒されなくなります。ズルですね。

また「#ノエフレ ノエル」も相性が良いです。

「#ノエフレ ノエル」のReバースコンボと「新時代のアイドル マリン」のATK上昇をかけ合わせるとATKが8になります。

ATK8は多くのキャラをワンぱんできる圏内に入るため、パートナーアタックも含めると1ターンで3リタイアも夢ではありません。

新時代のアイドル ぺこら

強み:連続パンチが容易すぎる

エネルギーを消費して連続パンチができるキャラとして有名なのが「狂い咲く紫炎の薔薇 友希那」です。

こちらはその発動回数について制限がない代わりに、本領発揮Lv5【Roselia】でかつ名称指定のReコンボが条件となっています。

対して「新時代のアイドル ぺこら」は発動回数に制限はあっても本領発揮Lv5を満たしていれば発動できます。

本領発揮の属性指定もないので自由な構築ができます。

一緒に採用されているカード

火力上げReバース 2p

「#ノエフレ ノエル」 2p

連続パンチといえば火力を上げて相手をなぎ倒しまくる大変頭の悪いムーブが強いでしょう。

永続でATK+2補正をするReバースにくわえ、「#ノエフレ ノエル」を採用するデッキが見られました。

ATK上昇Reバースはいつでも役立つ、「#ノエフレ ノエル」はReバースコンボという限定的な場面でしか使えないとはいえ自分のメンバーを開けることができるという高性能です。

自分のプレイスタイルと相談していずれか、あるいは両方採用する構築が考えられるでしょう。

新時代のアイドル ころね

強み:除去に強い=除去が多い環境によくあっている

自分のメンバーが三体満足にいなくても3回攻撃することを可能にする能力を持っています。

現環境では除去スパークが多く採用された【除去グッドスタッフホロライブ】が跳梁跋扈しています。

除去スパークをアタックフェイズ中に引かれ、アタック回数が減るという経験は多くあると思います。

しかし「新時代のアイドル ころね」は除去スパークでメンバーが減ってもアタック回数は減少せず、ほぼ確実に3パンすることができます。

またATKが4ですので除去スパークのDEF4をぴったり抜くことができます。運営の意図を感じますね。

またメンバーは一体でも3パンすることが可能ですので、パートナーカードをしようしない程度に展開をとどめ、パートナーアタックを含めた3パンをするというプレイングも可能です。

一緒に採用されているカード

おかころコンボ 2p

「てぇてぇ おかゆ」 2p

「事務所を探すおかゆ」 2p

「#とまらないホロライブ おかゆ」はエネルギーをスタンドして再利用することを可能にします。

「新時代のアイドル ころね」はコスト5でありエネルギー運用が難しいです。対して「#とまらないホロライブ おかゆ」はエネルギーをスタンドしてくれるため親和性が高いです。

また「てぇてぇ おかゆ」「事務所を探すおかゆ」など「ころね」との名称コンボがデッキの安定性の向上に寄与しています。

「てぇてぇ おかゆ」は「ころね」を耐久を上げてメンバーと入れ替わり、「事務所を探す おかゆ」は「おかゆ」を控え室からメンバーに置くことができます。

これら二つを組み合わせ、「事務所を探す おかゆ」で常にメンバーに「新時代のアイドル ころね」をメンバーに置いておき、「てぇてぇ おかゆ」で無料で「新時代のアイドル おかゆ」をエントリーに降臨させることも可能でしょう。(実用的かは知らん)

新時代のアイドル フブキ

強み:デッキ内のホロライブの枚数を事実上4枚越えにできる

自分のリタイアにいるキャラに返信するという能力を持っているます。

リタイアに落ちていなければならないという条件はありますが、デッキ内のキャラの枚数をカサ増しすることが可能です。(ミュウミュウ的な)

これによってReバースコンボを発揮しやすくしたり、その状況に応じて好きなキャラに返信することが可能です。

弱み:耐久が脆い

現環境ではDEF6というのは絶妙に脆いです。

ATK3以上のツーパンチ、ATK6もよくいる攻撃力となってきており、ワンパンされることが多いでしょう。

一緒に採用されているカード

「新時代のアイドル かなた」

「新時代のアイドル マリン」

「新時代のアイドル ぺこら」

「新時代のアイドル ころね」

まず「新時代のアイドル かなた」について。非常に「新時代のアイドル フブキ」と相性が良いです。

自分の控え室とリタイアを入れ替えるために変身する選択肢を広げることができます。

また「新時代のアイドル マリン」「新時代のアイドル ぺこら」「新時代のアイドル ころね」は「新時代のアイドル フブキ」と単独の採用ではなく、複数種類採用されているデッキが多く見られました。

やはり状況に応じて変身先を変えられるというのは強力であり、より柔軟なムーブが可能になるようです。

新時代のアイドル ココ

強み:パートナーを消費せず高火力を立てられる

まず一つ目の能力について、エントリーかリタイアに登場した時にパートナーカードをスタンドできます。

つまり、パートナーカード3枚とエネルギー二枚でエントリーに出すことで実質2マナで降臨させることができます。

次に二つ目の能力を見てみましょう。【四期生】の数だけATKが1上昇し、最大ATKが7となります。

二エネルギーでこの火力は本当に破格です。

弱み:メンバー除去で火力が低下

メンバーが除去されると付随して火力も低下してしまいます。

よって意図しないタイミングで除去されるとダメージレースの計画が狂ってしまうということも十分あり得ます。

一緒に採用されているカード

「つのまきじゃんけん  わため」1p

「火力上げReバース」とともに採用 1p

「つのまきじゃんけん わため」は「新時代のアイドル ココ」と組み合わせることによって一ターンに二回パートナーアタックをすることができます。

「#とめてみろホロライブ」は永続でエントリーの火力を1上げてくれるため、3パン目で相手をワンパンできる可能性が上がります。

また火力上げReバースは火力が高い「新時代のアイドル ココ」と相性が良いです。

4+3+2=9という破格のATKで3キャラをリタイアさせましょう。パートナーカードいらずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました